フィンジアは10代の高校生にヤバい?

フィンジアは10代の高校生にヤバい?|薄毛に使えるか検証してみた

 

薄毛は大人だけの問題ではありません。

 

若い10代でも悩みの一つとなっています。

 

育毛剤で対策できるなら、しておきたいという方もいるでしょう。

 

なので、ここでは育毛剤のフィンジアについて

  • フィンジアが10代でも使えるのか
  • フィンジアを使用しても副作用はないのか

について、ご紹介していきます。

 

10代で薄毛に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

 

フィンジアは10代でも使用できるのか?

結論から言うと、フィンジアは10代から使用しても全く問題ありません。

 

育毛剤というと3,40代以上の男性が使うというイメージがあるかと思います。

 

実際に使用している人が一番多いのがこの年齢層です。

 

もしかすると、10代や20代のように若いうちに使用すると副作用が心配、と考えている方もいるかもしれません。

 

ですが、大丈夫です。

 

フィンジアには、副作用のある成分は含まれていません。

 

フィンジアは正確には化粧品に分類されるものなので、医療品のような副作用成分は含んでいません。

10代の未成年にとって危ない育毛剤

ですが、10代にとって危ない育毛剤があります。

 

プロペシアとフィンペシアという育毛剤(医薬品)です。

 

この二つは、フィナステリドという成分を含んでいます。

 

フィンジアとよく似た名前の成分ですが、全くの別物なので注意しましょう。

 

 

男性ホルモンに作用する医薬品なので、10代の成長期に使うと男性機能の障害などが起こる可能性があります。

フィナステリドの医薬品を使って治療したい場合、医師の診断を必ず受けましょう。

 

なお、その際は、親の同意が必要となります。面倒くさいですが、事前に伝えておきましょう。

 

男性型脱毛症の原因と5αリダクターゼって何?

「5αリダクターゼ」という酵素が男性ホルモンを薄毛や脱毛作用を持つ男性ホルモンに変えてしまいます。これが男性型脱毛症です。

 

●男性型脱毛症の原因
@血管中で男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼによってテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。

AこのDHT(ジヒドロテストステロン)が抜け毛や薄毛になるように作用し、いわゆる男性型脱毛症の原因となります。

フィンジア、フィナステリド、プロペシアは、この5αリダクターゼの作用を抑制することができるので男性型脱毛症を改善できるのです。

 

男性型脱毛症ってどんな人がなるの?

ですが、10代で男性型脱毛症になるのは10%以下といわれています。

 

つまり、10代のうち、9割は男性型脱毛症ではありません。

 

10代で薄毛になる主な原因は、

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 栄養バランスが偏った食事

など、生活習慣の乱れが大きいといわれています。

 

これらを改善することが、薄毛改善にもつながります。

 

ですが、睡眠不足でもないし、ストレスもないし、食事のバランスもとれている。

 

さらに、「周りの10代の仲間よりも自分の方が生活習慣が良い。なのに薄毛になってきている」

 

そのように感じるのであれば、男性型脱毛症の可能性が高いかもしれません。

 

齢をとるにつれ、男性型脱毛症の症状は大きくなります。

 

早めに対策した方がよいです。

 

フィンジアには全額返金保証制度もありますので、使ってみてはいかがでしょうか。