フィンジアって50代から使っても間に合う?

 

フィンジアは薄毛の改善が期待できる育毛剤です。

 

ですが、あまりに薄毛が進行してしまうと効果はあまり期待できません。

 

若いうちから使った方が良いでしょう。

 

ですが、歳をとってから使うことに全く効果がない、というわけでもありません。

 

また、50代でフィンジアを使いたい方もいるかと思います。

 

なので、ここでは50代からフィンジアを使っても効果がある(間に合う)のか?について解説していきます。

 

50代から使おうと考えている方は是非参考にしてみてください。

 

50代からフィンジアを使って効果があるのか?

結論から言うと、50代から使って効果があるもいますし、効果がない人もいます。

 

年齢よりも薄毛の進行具合によって違うと考えてもらうと良いかと思います。

 

 

50代でフィンジアをおすすめできない人

・髪の毛が全くなくなっている(地肌が露出している)

 

このくらい薄毛が進行してしまうと、フィンジアで改善できる見込みはほぼないと考えてよいと思います。

 

なので、地肌が露出している部分に髪の毛を生やしたいという方にはおすすめできません。

 

50代でフィンジアをおすすめできる人

・髪の毛のボリュームがなくなってきた

 

・髪の毛が細くなってきた

 

これくらいでしたらフィンジアを使って改善できる余地がありますので、おすすめできます。

 

フィンジアで改善できる状態とできない状態の差って何?

とはいっても、改善できる状態改善できない状態がどういった理由で分かれるのか?

 

これだけでは、わかりませんよね。

 

ですので、その理由についてフィンジアの成分と効果を絡めて解説します。

 

フィンジアは男性型脱毛症で短くなったヘアサイクルを改善する

ヘアサイクルというのをご存知でしょうか?

 

ヘアサイクルというのは一言でいうと、髪の毛の寿命です。

 

髪の毛は、ずっと伸び続けるものではなく必ず抜けます。

 

すると、同じ毛穴からまた生えてきます。そして、また抜けます。

 

この一連流れ(髪の毛が生える→抜ける)をヘアサイクルと呼んでいます。

 

これはかなり簡略化した説明なので詳しくは下で捕捉します。

●ヘアサイクルとは
髪の成長は、成長期→退行期→休止期→成長期というヘアサイクルを繰り返しています。髪はこの成長期と呼ばれる期間で2〜6年かけて成長します。そして退行期になると成長が止まり、休止期になると抜けます。このサイクルは人によって限りがあり、回数が尽きてしまうともう髪は生えてきません。

このヘアサイクルが短くなってしまうのが男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症です。

 

そして、男性のほとんどがこの脱毛症になるといわれています。

 

それは、この脱毛症は「男性ホルモン」が原因で起こるためです。

 

男子ホルモンが、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまうので、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

 

「髪が細い」「髪のボリューム」が減っている状態は髪が十分に成長できていない状態です。

 

つまり、このヘアサイクルの成長期が短くなっている状態です。

 

なので、成長期を長くすることができれば改善できます。

 

フィンジアは、この短くなった成長期を長くすることができますので、「髪が細い」「髪のボリューム」が減っているくらいの状態であれば改善が見込めます。

 

一方、髪の毛がなく、地肌が露出している状態はヘアサイクルも尽きているということです。

 

ですので、この状態ではフィンジアを使っても改善はできません。

●男性型脱毛症とヘアサイクルの関係
男性ホルモンは、皮膚や筋肉を形成しています。この男性ホルモンは、体の成長に欠かせないのですが、薄毛や脱毛を働きかけるものに変化してしまうことがあります。変化した男性ホルモンの働きにより、ヘアサイクルの成長期が数か月〜1年と短くなります。すると、髪の毛が十分に成長できず、薄毛や抜け毛になります。これが男性型脱毛症の原因です。

フィンジアの成分と男性型脱毛症の原因

なぜ、フィンジアは男性型脱毛症にも効果があるのか?

 

それは、フィンジアに含まれているキャピキシルという成分に含まれている「アカツメクサ花エキス」というに秘密があります。

 

この成分には男性脱毛症の原因となる「5αリダクターゼ」の作用を抑制することができる効果があるとされています。

 

男性型脱毛症の原因と5αリダクターゼって何?

この「5αリダクターゼ」という酵素が男性ホルモンを薄毛や脱毛作用を持つ男性ホルモンに変えてしまいます。

 

詳しくは以下のようになります。

 

●男性型脱毛症の原因
@血管中である男性ホルモンのテストステロンが、毛髪の中に入り込みます。
Aすると、5αリダクターゼによってテストステロンDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。
BこのDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭細胞内で生じると抜け毛や薄毛につながり、いわゆる男性型脱毛症の原因となります。

フィンジアに含まれるアカツメクサ花エキスは、5αリダクターゼの作用を抑制することができるので、テストステロンDHT(ジヒドロテストステロン)へ変質することも抑制することができるのです。

 

ですので、男性型脱毛症に対して改善の効果があるとされています。

 

そして、男性型脱毛症が改善されれば、髪が細くなった状態や、髪の毛のボリュームがなくなった状態も改善されます。

 

なので、50代でも十分にフィンジアの効果は見込めるでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

フィンジアは、髪が全くなくなって地肌が露出してしまった部分に髪を生やすことはできません。

 

細い髪を太くする、髪の寿命を伸ばすことが目的の育毛剤です。

 

ですので、薄毛の状態が進行しきっていなければ、50代からフィンジアを使っても間に合います。

 

もし、薄毛がそこまで進行していなければ、フィンジアを使ってみてはいかがでしょうか。