フィンジアは化粧品!?本当は効果がないんじゃないの?

 

育毛剤として知られているフィンジアですが、実は化粧品であったことを皆さんご存じだったでしょうか。

 

私は、フィンジアを購入した後にこの事実に気づきました。

 

化粧品というと何となく美容目的くらいのイメージしかなかったので、

 

「何で化粧品?化粧品っていうことは効果がないのでは?」と気になってしまい、徹底的に調べました。

 

すると、驚愕の事実がわかりました。

 

ここでは、その事実について皆さんにご紹介いたします。是非最後までご覧ください。

 

フィンジアはなぜ化粧品なのか?

 

そもそも化粧品とは何なのでしょうか?むしろ逆に化粧品じゃなきゃ何なのでしょうか?

 

いまいちそこがわからなかったので、調べてみました。

 

まずは、ここから簡単に説明しますね。

 

そもそも化粧品って何?

以下の表に化粧品と化粧品以外のものを分類しています。

 

フィンジアは化粧品!?じゃあ効果がないのかと思って調べたら実は・・

 

この表にあるように、化粧品以外のものは、「医薬品」「医薬部外品」に分かれます。

 

化粧品は、「肌や皮膚を美しくする、魅力的にする、清潔に保つ、健やかにする」といった目的で使用される製品を指します。

 

一方で、「医薬品」と「医療部外品」は、病気の治療や予防に用いられます。

 

「医薬品」は、病気に対する治療を目的としたものです。

 

厚生労働省に有効成分の効果が認められたもので、病院で医師が処方する薬がまさにそうです。

 

「医薬部外品」は、病気に対する治療というよりも予防のために用いられるものです。

 

厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で入っています。

 

これは例えば「肌荒れを防ぐ、にきびを防止する、日焼けによってできるシミを防ぐ、皮膚の殺菌を行う」等の効果をもった商品をイメージしていただくとよいと思います。

 

通常、育毛剤であれば、厚生労働省が認可した育毛成分が一定濃度入っているので「医薬部外品」として分類されることが多いようです。

 

表にもあるように、一般的には、化粧品よりも医薬品の方が効果が大きく、逆に安全性は医薬品より高い傾向にあります。

  • 効果で考えると、医薬品>医薬部外品>化粧品
  • 安全性(副作用)で考えると、化粧品>医薬部外品>医薬品

 

また、化粧品と医薬部外品とで商品の広告に記載できる表現に差があります。

 

実験や臨床データ、使用前後の人の写真、使用体験、配合成分量などは、化粧品の広告にのせることができません。

 

なので、フィンジアの公式サイトってよくわからない表現だらけなんですね。

 

フィンジアはなぜ化粧品に分類されているの?

それでは、なぜフィンジアは化粧品に分類されているのでしょうか。

 

分類のイメージからすると、化粧品だと育毛成分が入っていないの?って思いますよね。

 

実は、フィンジアが医薬部外品に分類されないのは、フィンジアに含有されているキャピキシルという成分が育毛成分として厚生労働省に認められていないためです。

 

簡単に言うと、このキャピキシルが入ってしまうと化粧品になってしまうのです。

 

 

フィンジアの公式では、このキャピキシルを特徴の一つとして、かなり大きく取り上げています。

 

では、キャピキシルは育毛効果が全くない成分なのでしょうか。

 

キャピキシルの育毛効果とは

調べたところキャピキシルは、人体に対して育毛効果があるというエビデンス(証拠)がちゃんとあるようです。

 

ルーカスマイヤー社 臨床データ

 

●キャピキシルとは
カナダにある化粧品メーカーのルーカスマイヤー社が開発した「アカツメクサ花エキス」「アセチルテトラペプチド-3」からなる成分です。男性型脱毛症は、「5αリダクターゼ」という酵素が原因の一つなのですが、アカツメクサ花エキスはこの「5αリダクターゼ」の働きを抑制すること効果が期待できます。また、「アセチルテトラペプチド-3」は、毛髪の成長速度を活性化させる効果が期待できます。

 

詳細はこちらで記事にしています
フィンジアに含まれるキャピキシルに育毛効果はない?その真実とは?

 

ルーカスマイヤー社の臨床実験の概要

 

臨床実験の方法は以下の条件で進めたようですね。

 

  • 男性型脱毛症になっている30人の被験者
  • 30人の被験者のうち、15人にはキャピキシル5%のローションを、残りの15人には水とアルコールのプラセボ薬を4か月間毎晩20滴使ってもらう
  • 4か月後トリコグラム法で毛髪の数と状態を調べた

●プラセボ薬とは
プラセボ薬とは治療効果のない偽薬です。人には、効果がないものを本物の薬だといって服用してもらうとなぜか治ってしまうことがあります。これはプラセボ効果というのですが、本当の治療にはなりません。なので、プラセボ薬は臨床実験に使われます。治療薬とプラセボ薬の効果を比較して、プラセボ薬をはっきりと上回ればその治療薬は効果があると判断できるのです。

●トリコグラム法とは
男性脱毛症の治療効果の確認に使われる方法です。頭皮のある決められた部分(頭皮区画)で毛包の成長がどのようになっているかマイクロスコープで確認します。

ルーカスマイヤー社の臨床実験の結果

 

ある頭皮区画の中で、わずかな髪の毛の伸びから、どの髪の毛が成長期か休止期を判別できるようです。

 

それをもとに増加・減少率をはかってますね。

  • 4か月後の成長期の毛髪でみると、プラセボ薬が2%減ってキャピキシルが13%増えてます
  • 4か月後の休止期の毛髪でみると、プラセボ薬が23%増えてキャピキシルが29%減っています

●毛髪の成長期と休止期とは
成長期とは、一言でいうと毛髪が製造されている期間です。毛母細胞が盛んに分裂を繰り返し、毛髪を皮膚上へ押し上げています。休止期とは、逆に細胞分裂が止まり、毛髪の製造や伸長が止まっている期間です。

 

さらに、休止期の髪の毛と成長期の髪の毛の比率を比較しています。

 

すると、4か月後にはプラセボ薬が33%減って、キャピキシルが46%増えています。

 

つまり、成長期の髪の比率が多くなっているので、発毛が促されているのがわかります。

 

こうみると、キャピキシルは発毛促進の作用があるデータになっていますね。

 

まとめ

 

一言でいうと、「フィンジアは化粧品だけども海外では、発毛効果が臨床実験で示されている育毛剤」という感じでしょうか。

 

効果があるのに、厚生労働省の認可がない理由は認可を得ようとすると莫大な時間と準備が必要らしいので、早く販売するためにそれを避けたのかもしれません。

 

また、あくまでも海外の試験データなので有効じゃないのかもしれませんね。これは推測ですが。

 

分野は全然違いますが、がん治療のように、海外では有効な薬が日本では認可されないという例もあるのでそんな感じなのかもしれません。

 

ただ、化粧品であることは事実なので、あとはこのことをどう捉えるかはそれぞれの個人次第かと思います。

 

フィンジアの公式サイトはこちら