フィンジアは20代が使っても効果があるのか?


薄毛や禿げの人の割合は、30代以上で段々増えていきます。

 

ですが、

 

「まだ20代なのに薄毛になってきた・・」

 

「父親が禿げているから自分も将来禿げていくのか・・」

 

と、いわゆる若ハゲの不安を感じている20代の方は、かなり多くいるのではと思います。

 

なので、育毛剤であるフィンジアの使用を検討している方もいるでしょう。

 

ですので、ここでは「20代でフィンジアを使っても効果あるのか?」ということについて、まとめていきます。

 

20代でフィンジアの使用を検討している方にとって、役立つ情報になっておりますので、是非最後までご覧ください。

 

フィンジアは20代にも有効!

結論から言うと、フィンジアを20代で使っても育毛効果が期待できます。

 

もちろん、使用年齢の制限などはありません。

 

ですが、必ずしも使用した人の全員に効果があるわけではありません。

 

効果がない、もしくは効果が出にくい人もいます。

 

それは、若ハゲの原因が男性型脱毛症ではない場合です。

 

男性型脱毛症とは

男性ホルモンと遺伝によって10代以降に起きる脱毛症です。

 

特徴としては、前頭部や頭頂部が薄くなったりして起きる脱毛症ですね。(M字ハゲがこの典型です)

 

フィンジアは、この男性型脱毛症に対して有効な成分が多く含まれていますので、20代でも効果が期待できます。

 

ですが、逆に、男性型脱毛症以外の脱毛症の場合には効果がない可能性もあります。

 

男性型脱毛症以外にはどんな脱毛症があるのか

以下の表に代表的な脱毛症をまとめました。

 

もし、自分がどれかの脱毛症にあてはまるかもと思ったら要注意です。

 

20代でもフィンジアの効果はあまり期待できない可能性があります。

 

脱毛症名 原因と症状
円形脱毛症 免疫系が自分自身の正常な細胞や組織に攻撃を加えることによって生じる自己免疫疾患。一般的にはストレスによるものと考えられているが、ストレスはきっかけに過ぎない。頭部の一部の毛が一斉に抜ける。アトピー性皮膚炎と併発しやすい。
皮膚疾患による脱毛症 皮膚が炎症して起こる脱毛症。よく知られているのが、脂漏性皮膚炎。大量のフケが出てくるのが特徴の一つ。
薬剤による脱毛症 薬には何らかの副作用が必ずあるため、ほぼ全ての薬に脱毛症をおこさせる可能性がある。

 

日常生活の中で、

  • アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患を持っている
  • 頭皮がいつも痒く、フケが出ている
  • 脱毛症の恐れのある薬を服用している

いずれかの自覚がある人は、まずはフィンジアを使用する前に皮膚科等の医療機関での受診をおすすめいたします。

 

脱毛の原因が病気によるものであれば、病気を治せば脱毛も治せます。

 

ただし、最近は10代20代で男性型脱毛症と他の脱毛症を併発することもあるようですので、医療機関でキチンと症状を確認しておくとよいかと思います。

 

フィンジアの男性型脱毛症に対する効果

 

そもそも、なぜ男性型脱毛症が起こるのか?その原因を説明します。

 

男性型脱毛症の原因

 

上の図のように、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変容します。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛乳頭内で抜け毛や薄毛を引き起こし、男性型脱毛症を引き起こしています。

 

ですので、この5αリダクターゼの働きを抑制することが、男性型脱毛症を抑制することにもつながるのです。

 

 

また、男性型脱毛症になるとヘアサイクルが短くなります。

 

ヘアサイクルとは、「成長期」→「退行期」→「休止期」の髪の毛の成長のサイクルを意味しています。

 

男性型脱毛症になると、ヘアサイクルが短くなるので、髪の毛が十分に成長できず、抜け毛・薄毛になるのです。

 

フィンジアはなぜ効果があるのか

フィンジアには、「キャピキシル」「ピディオキシジル」という成分が男性型脱毛症に特に効果が期待できます。

 

「キャピキシル」は、男性型脱毛症の原因となる酵素「5αリダクターゼ」の活動を抑制する効果があります。

 

また「ピディオキシジル」には、短くなったヘアサイクルを正常な状態に改善する効果があります。

 

ですので、フィンジアは男性型脱毛症に有効といわれているのです。

 

フィンジアは男性型脱毛症の予防として使っていい?

まだ20代で薄毛とか抜け毛はないけど、男性型脱毛症の予防としてフィンジアを使っていいのか?

 

という疑問がある方もいるかと思いますが、もちろん予防として使っても良いです。

 

むしろ、予防として使った方が効果が大きいと考えられます。

 

なぜなら、フィンジアに限らず育毛剤は、髪が抜ける要因を防ぐ効果がほとんどで、髪の毛を生やす効果は大きくないからです。

 

なので、薄毛や禿げが進行した後でフィンジアの使用を開始しても効果は小さいです。

 

ですので、20代でまだ脱毛症の症状がなくても、使うのであれば早めに使用を開始した方が良いでしょう。